お正月飾りはいつからいつまで?地域で違う?準備としまい方基本


f4c7218afde1ea4a6db41f7609f63527_s

楽しいお正月を迎えるために、年末は準備で大忙しです。
その準備の一つにお正月飾りがあります。

神棚に置いたり、玄関に飾ったり、車に付けたりと様々ですが、
お正月飾りをつけるのはいつからで、外すのはいつまでかと
準備としまい方を毎年迷いませんか?

九州、関西、関東など、地域によっても違うようですので、確認しておきましょう。

スポンサードリンク

お正月飾りをするのはなぜ?

お正月を迎えるにあたって飾る「お正月飾り」。

お正月飾りをなぜ飾るのかというと、

門松は歳神様(毎年お正月に来てその一年の幸せを
願ってくれる来方神)が家に来てくれる際の目印。

しめ縄は結界の意味を持っており、しめ縄を飾った内側は
清浄な状態に保たれる事を示しています。

鏡餅は歳神様へのお供え物です。

 

そんなしめ飾りや門松、鏡餅などのお正月飾りをいつ飾っていいのか、
またいつ仕舞うのか迷いませんか?

 

 お正月飾りはいつから【準備編】

お正月飾りは一般的に12月13日から12月30日までの間に飾ると言われています。

しかし、クリスマスの飾りがある場合や、大掃除などもあり、
12月26日から30日までに飾る人が多いのではないでしょうか。

 

 準備を避けたい日

ただし12月29日だけは「9」が「苦」と言われ、
縁起の問題もあり29日だけは避けて飾るとされています。

また12月31日に飾るのは一夜飾りといい、葬儀が1日だけ飾る事と、
1日だけ前に飾るのは心がないという事で12月31日も飾りません。

 

その日を避ければいつでも飾っていいようです。

最近では家にお正月飾りを飾らない若い夫婦も多いですが、
せっかくの日本の行事ですし、古くから伝わる伝統ですから
絶やさにように受け継いでいってほしいものです。

 

お正月飾りはいつまで【後片付け編】

さて、ではお正月飾りを取り外す時期はいつなのでしょうか。

それは12月7日(松の内)が基本となります。

地域によっては取り外すのは12月15日という所もあります
これは旧暦によるもので関西に多いそうです。

 

 門松としめ縄
使った門松やしめ縄を取り外した後は、
1月15日(小正月)に神社等で行われる「どんど焼き」で燃やします。

 鏡餅
鏡餅は1月11日に鏡開きとして、歳神様へのお供えが終わった後に、
無病息災を願いつつ雑煮や汁粉に入れて食べます。

その際にお餅を刃物で来ると、切腹のようで縁起が悪いという事から
手や木槌で割ったりします。

 

お正月に行う年中行事としてあるお正月飾り。
古き良き伝統を守って、家族の幸せを願いつつ、お飾りは正しく飾りましょう。

スポンサードリンク