箱根駅伝2014優勝順位予想!出場校と注目選手・今回の見所は?


hakone

お正月と言えば箱根駅伝という方、少なくないですよね。

誰もがよく知っている箱根駅伝、2014年は優勝候補などいるのでしょうか。
出場校と注目選手など、今回の見どころを紹介したいと思います。

いつもは何気なく見ている箱根駅伝も、予想をして見ると
また違った面白さがあるに違いありません。

スポンサードリンク

箱根駅伝とは?

お正月恒例のテレビ番組といえば、思い浮かぶ番組がいろいろありますが、
そのうちの一つに毎年1月2~3日に行われる箱根駅伝がありますよね。

親戚の家などにお正月に遊びに行くと、だいたいテレビは
箱根駅伝がやっているイメージがあります。

 

箱根駅伝は、毎年1月2日と翌3日に、
東京と箱根間を往復する217.9㎞の駅伝です。

正式名書は長くて『東京箱根間往復大学駅伝競走』と言い、
1920年に第一回が開催された歴史ある大会です。

 

2014年 箱根駅伝 出場校は?

そこで戦うのは2013年の箱根駅伝の上位10校と、
予選会に通過した13校の計23校です。その大学をご紹介します。

 

昨年の上位10校
日本体育大学、東洋大学、駒澤大学、帝京大学、早稲田大学、
順天堂大学、明治大学、青山学院大学、法政大学、中央学院大学
予選会通過13校
東京農業大学、山梨学院大学、東海大学、神奈川大学、國學院大学、
大東文化大学、専修大学、日本大学、拓殖大学、城西大学、
上武大学、中央大学、国士舘大学

 

スポンサードリンク

優勝候補と注目選手は?

そんな箱根駅伝は毎年いろいろなドラマが巻き起こります。
そして今年はどこの大学が優勝するのでしょうか、ワクワクします。

 

まず必ず来るであろう日本体育大学

日体大は前回2013年の箱根駅伝で30年ぶりに優勝し、
箱根駅伝の見どころである5区の山登りを
ものすごいスピードで走った服部翔大さんがいます。

そんな服部翔大さんに匹敵するランナーが他大学に存在しないため、
日体大はこの5区に賭けてくるでしょう。

 

次に、駒沢大学東洋大学も注目です。

11月3日に箱根駅伝の前哨戦である「全日本大学駅伝対校選手権大会」が
行われましたが、そこで駒沢大学と東洋大学がデッドヒートを繰り広げました。

駒沢大学は実績のある選手がそろっていて、中でも注目したいのが
出雲駅伝でも活躍した窪田忍さん

1年生の頃から主力選手として活躍して2年連続で区間賞を獲得しています。

 

東洋大学で注目するのがやはり4年生の設楽啓太さん悠太さん双子の兄弟です。
兄弟共に1万メートルを27分台という記録を叩き出しています。

 

箱根駅伝の見所は?

そんな箱根駅伝の見どころは、今年もやはり「花の2区」の鶴見中継所でしょう。

沿道の応援者の数からも分かる通り1区から2区へタスキが渡される場所で、
各校のエースたちが競い合います。

また、5区の山登りも結果が左右される重要ポイントです。

 

テレビ放送は、日本テレビ系列で1月2日、3日の朝7時から
生中継で放送されます。

今年も面白い箱根駅伝が期待できそうですね!

 

スポンサードリンク