全国高校駅伝2013を大胆予想!優勝候補は?


koukouekiden

毎年12月に行われる高校生の熱き戦い
「全国高校駅伝(全国高等学校駅伝競走大会)」。

2013年は12月22日と日にちが迫ってきました!
クリスマス前の京都の街を高校生の男子女子達が激走します。

今回の高校駅伝はどんなドラマが待っているのか楽しみですね。
今年の駅伝の優勝候補など予想して、家族で楽しみましょう!

スポンサードリンク

全国高校駅伝の歴史

高校生の陸上(長距離)のインターハイの一つになっている全国高校駅伝。
それが毎年12月の寒い時期に、一年の締めくくりとして行われます。

歴史は古く、1950年に男子のみ大会が開催され、
女子は1989年から大会に組み込まれました。

そんな駅伝の舞台となるのが京都府の都大路です。

 

箱根駅伝はこちら
 箱根駅伝2014優勝順位予想!出場校と注目選手・今回の見所は?

2013年全国高校駅伝の概要

大会の日程・・・2013年12月22日(日)

 男子・・・12時30分出発(雨天決行)

京都市西京極総合運動公園陸上競技場をスタートとする42.195キロ(7区間)
(1区=10キロ、2区=3キロ、3区=8.1075キロ、
4区=8.0875キロ、5区=3キロ、6区=5キロ、7区=5キロ)

 

 女子・・・10時20分出発(雨天決行)

京都市西京極総合運動公園陸上競技場をスタートとする21.0975キロ(5区間)
(1区=6キロ、2区=4.0975キロ、3区=3キロ、4区=3キロ、5区=5キロ)

※女子は今年で25回目の記念大会となるため、各都道府県の代表に加えて、
各地区大会の最上位校の11校も出場することができ、全58校が競い合います。

 

注目校は?優勝候補の予想

まず注目したいのが三重県の伊賀白鳳です。

毎年上位に名を連ねており、予選会でトップの成績で通過しました。
エースと呼べる飛び抜けて速い選手はいませんが、全員が実力のある選手。
今年こそは期待したいです。

 

そして、一昨年の優勝校の広島県の世羅

こちらも予選会で全国2位のタイムで通過しています。

チームの核となっているのがジョン・ガサイヤ選手
5000メートルを13分代で爆走します。

他にも日本人選手は力のある選手が多く、今年も優勝候補に挙げられるでしょう。

 

メンバーで強い選手が揃っているのが山梨県の山梨学院付属です。

市谷龍太郎上田健太という2人のエースがみんなを引っ張って、
他大学の外国人選手のスピードを物ともせず走り抜けます。

 

他にも大牟田高校、小林高校、西脇工業、鳥栖工業など
予選を上位通過している実力ある高校が沢山います。

今年の寒い年末は、全国高校駅伝で暑く盛り上がりましょう!

 

 

スポンサードリンク