春高バレー2014組み合わせ!注目選手と優勝候補予想は?


bare-

高校生たちがバレーで死力を尽くし戦う大会、春高バレー。

そんな春高バレーの2014年の日程や組み合わせはどうなっているのでしょうか。

また2014年の優勝候補校や、将来プロのバレーボール選手になるような
注目選手を探してみましょう!

スポンサードリンク

春高バレーの歴史

春高バレーとは、「春の高校バレー」とも呼ばれ、バレーボールをする
高校生たちにとって夏のインターハイと同じくらい大きな大会です。

1970年~2010年までの40年間は「全国高等学校バレーボール選抜優勝大会」
という名前が正式名称でした。

2011年から冬のインターハイバレーボール大会が
「全日本バレーボール高等学校選手権大会」と改称し、
「春高バレー」の愛称を引き継ぎ、現在に至っています。

 

2014年春高バレーのスケジュール

 日程:2014年1月5日~1月7日(火)、11日(土)~12日(日)の5日間
 会場:東京体育館

1月5日・・・開会式、1回戦

1月6日・・・2回戦

1月7日・・・3回戦、準々決勝

1月11日・・・準決勝

1月12日・・・決勝、閉会式

全国の高校生たちがこの5日間を全力でぶつかり合います。

 トーナメント表はこちら

 

男子は2012年優勝校の愛知県・星城高校が第1シードに入り、
大阪の大塚高校、鹿児島の鹿児島商業高校、長崎の大村工業高校
東京の東亜学園がそれぞれ第2~第5シードに入っています。

 

女子は2012年優勝校の下北沢成徳が第1シードに入り、
大分の東九州龍谷高校が第2シードに入っています。

 

 春高バレー2014優勝候補と注目選手は?

【女子】

さて今年の優勝候補はというと、女子はだんぜん大分の東九州龍谷でしょう。

2006年以降なんと優勝回数が6回もあり、群を抜いています。

熊本比奈さん(3年)、山本奈実さん(3年)、及川真夢さん(2年)の
華麗なスパイクを期待しています。

 

 【男子】

男子はといえば、やはりシードに入っている東亜学園が過去7年で
3回優勝していますし、昨年優勝している星城も期待したいです。

そんな星城のレフトの石川祐希くんのプレーは切れ味があり注目したいですね。

 

他にも多くの高校、選手が冬を暑く盛り上げます。

そんな熱気あふれる高校バレー選手達の活躍を見ながら
将来の木村沙織選手を探すのも楽しいですよね。

 

スポンサードリンク