七草粥の由来と意味は?作り方レシピとその他の献立


nanakusa

年末年始にスーパーに行くと「七草」が販売されていますよね。

七草を見ると、春がだんだん近づいてきているような気がします。
そんな七草を使って食べるのが、七草粥です。

お正月を過ぎたくらいに毎年食べる七草粥ですが、
一体どんな由来で、どんな意味があるのでしょうか。

また正しい作り方などはあるのでしょうか。

スポンサードリンク

七草粥の由来と意味

お正月の行事の1つとして毎年食べる七草粥。

この七草粥に入っている七草は、誰もが小学校の国語の時間に
ならっているのではないでしょうか。

『せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ すずなすずしろ はるのななくさ』

作者は不明だそうですが、子供の頃から教えられる七草。

 

この七草を使ったお粥は、中国の古い時代の占いで1月7日の人日(人の日)日に、
七種菜羹(ななしゅさいのかん)という7種類の菜を入れた汁物を食べて
無病息災を願った事が日本へ伝来し、「人日の節句」(七草の節句)として
五節句のひとつに定められました。

 

どうしてこの七草なのかというと、お正月にご馳走を食べて疲れた胃腸を安め、
また野菜の不足しがちな冬の栄養補給をして一年の無病息災を願うと言われています。

 

七草の栄養素

また七草にはそれぞれ豊富な栄養素があり、
それを昔の人は分かって選んで食べていたんですね。

せり・・・香りがよく、食欲が増進。ビタミンB、カルシウム。

なずな・・・胃や肝臓を回復させる作用がある。

ごぎょう・・・風邪予防や解熱、気管支炎、咳止めに効果。

はこべら・・・ビタミンAが豊富、腹痛の薬にも使われていた。

ほとけのざ・・・食物繊維が豊富、胃の疲労回復。

すずな・・・カルシウム、ビタミンが豊富。

すずしろ・・・消化を助け、風邪の予防、胸やけ、胃もたれに良い。

 

スポンサードリンク

七草粥の作り方レシピ

そんな体に良い七草粥。レシピを確認してみましょう!

七草粥(2人分)

【材料】
①お米・・・1/2カップ

②お水・・・4カップ(気候によって水分の調節をして下さい)

③七草・・・1パック

④鶏がらスープ・・・小さじ2

⑤塩・・・少々

 

【作り方】
①おかゆを作る・・・鍋に水とお米を入れ、沸騰したら弱火で50分。
(おかゆは時間を調整し、自分の好みの硬さでOK)

②七草を切る

③おかゆが出来たら、鶏ガラスープ、塩で味を調整する。

イラストお正月にあまったお餅を入れても美味しいですよ!

 

その他の献立は?

せっかく体の事を考えた七草粥ですから、
一緒に食べるものがコッテリだと意味がありません。

お漬物、ほうれん草のお浸し、だし巻き卵など。

胃腸を休めるための七草粥ですから、さっぱりした物を選ぶといいですよ!

 

スポンサードリンク