初節句 お祝い 金額の相場!親(孫)・兄弟(甥姪)・親戚


030262

子供は夫婦にとって、またおじいちゃんおばあちゃんからしても宝物です。
そんなみんなの宝物の子供が、生まれて最初に迎える初節句

男の子は5月5日のこどもの日、女の子は3月3日のひな祭りがそれにあたります。

そんな初節句のお祝いに、両親(孫)や兄弟(甥姪)、はたまた親戚の
お祝い金額の相場はどれくらいなんでしょうか。

スポンサードリンク

初節句とは

初節句は、生まれてきた赤ちゃんが健やかに成長する事と、
厄除けを願って行う行事です。

お宮参りやお食い初めの行事と同じように、
ほとんどの家庭で行う子供のためのお祝い事ですね。
男の子は5月5日に鎧兜や五月人形を飾り、
女の子は3月3日に雛人形を飾って盛大にお祝いをします。

夫婦だけでなく両家の祖父母や親戚も一緒に
盛大にお祝いする家庭も多いですね。

 

初節句 飾りは誰が買う?

初節句飾りについて、誰が買えばいいのか疑問に思う方が多くいますね。

昔からの風習では、赤ちゃんが
男の子の場合は夫側の実家からお祝いとして「武者飾り」や「こいのぼり」、
037519037520

女の子の場合は妻側の実家からお祝いとして「雛人形」を贈ることになっています。
037521

しかし最近では、赤ちゃんの両親が購入されることも多くなってきているようですね。

 

お祝い金の相場

では、実際にお祝いの金額はどれくらいになるのでしょうか?

 両親の親(祖父母)

5~30万と幅広く、この金額は節句人形等の購入資金となります。
品物で渡す場合は、女の子の場合は雛人形、男の子の場合は
『こいのぼり』 『五月人形』 『鎧・兜などの武具飾り』を送ります。

 兄弟(甥・姪)
現金5.000円~10.000円。現金の他に何かプレゼントを渡すケースが多いです。

 親戚
兄弟と同様で、現金5.000円~10.000円とプレゼントを渡す事が多いようです。

 

初節句 お祝いのお返しは?

お祝いを頂いたら、お返しをしなければいけません。

お祝いの席をもうける場合は、招待する事がお返しになりますから
特別これといって必要ではありません。

しかし、宴席をもうけない場合や遠方の方からプレゼントを頂いた場合は、
お祝いの3分の1から半額程度の内祝いを送ります。

そのプレゼント付けるお礼状に初節句の写真を同封すると喜ばれるでしょう。

 

子供はいつでも皆から愛される幸せの象徴です。

可愛い赤ちゃんが元気にすくすくと成長する事を願って、
初節句をみんなで楽しみましょう!

スポンサードリンク