お盆の期間はいつ?お供え物は?知っておきたいお盆のマナー


obonn

私達人間は、ご先祖様がいるからこそ、今生きている事ができるのです。

お盆はそんなご先祖様達が一年に一度だけ家に戻ってきて、
家でゆっくりして美味しい物を食べて、またあの世へと帰っていかれる日。

ご先祖様に感謝する「お盆」を行うにあたって、どんな事をしたらいいのでしょうか。

期間や、お供え物など調べてみました。

スポンサードリンク

お盆の期間は?

お盆とはご先祖様があの世から家に帰って来られるので
ゆっくりとくつろいで頂き、また美味しい物をたくさん食べてもらって、
また私達の事を見守っていてくれる為にあの世へと帰られます。

 

お盆は、8月13日から16日までの4日間が一般的ですが、
7月13日から16日までの4日間とする地域もあります。

これは、もともと7月に行っていましたが、旧暦から新暦に変わった際に
7月13日から16日だと農作業の繁忙期と重なってしまう事から
1ヶ月遅れの8月に行うようになったそうです。

 

お供え物について

お盆のお供え物は基本の五供(ごく)で、
お香、お花、灯燭、浄水、飲食の5つになります。

●お香
お線香の香り。私たちの心と身体を浄化する作用があるとされています。

●お花
「花のように美しく清らかな心でお参りする」という意味が込められています。

●灯燭
ご先祖様がいらっしゃる場所を明るく照らしてさしあげるものです。

●浄水
清らかな水は私達の心が洗われる事を意味しています。

●飲食
私達と同じ主食をお供えし、私達とご先祖様は
繋がっているという事を象徴しています。

 

お盆のマナーあれこれ

 

お供えの仕方
親戚や知人からお供え物を頂いた場合には、
ご先祖様が何をお供えされたか分かるように、
もしくは食べる事ができるようにお供えします。

例えば、果物であれば皮を剥いた状態。
箱に入っているお菓子であれば小袋の状態。
また乾麺などであれば茹でてからお汁とお箸も一緒にお供えします。

 

お供え物は?
お盆のお供え物として持参するお菓子は基本的に和菓子となります。
羊羹や最中、ゼリーなど日持ちがするものを選びましょう。
もしくは、果物です。

果物の場合は桃や葡萄、メロンなど旬の果物がいいでしょう。
どちらも金額は2000円から3000円程度です。

 

お供え金
お金をお供えする場合は、新盆であれば5000円から10.000円程度を
「御佛前」としてお供えします。
新盆でなければお金ではなくお菓子や果物をお供え物とします。

 

まだまだ他にも地方によっていろいろな仕来たりがあるでしょう。

自分の家はどんな仕来りがあるのか確認しておくといいですよ。

スポンサードリンク