女の厄年 年齢は?厄払い(厄除け)の方法と過ごし方について


003702

日本人には誰しも厄年というものがあります。

厄年とはある年齢になるとその一年は災難が多いとされており、
多くの人達がお祓いをしに行きます。

今回は女性の厄年の年齢や過ごし方について調べてみました。
女性は妊娠・出産などもあるので、ますます厄年について気になります。

どうしたら厄年を無事に過ごす事が出来るのでしょうか。

スポンサードリンク

厄年とは?

誰しも自分の身に嫌な事が振りかかるのは避けたいものです。

しかし日本には昔から厄年があり、何もしていないのに
その年令になると悪い事が重なると言われているのです。

 

これは男性女性は関係なく誰にでもやってきて、厄年に事故にあったとか、
厄年に泥棒に入られたとか、厄年に離婚した等、なぜか悪い事が続いてしまう厄年。

そんな厄年ですが、いくつの年齢の時がそれに当るのでしょうか。
今回は女性の厄年の年齢について調べてみました。

 

女性 厄年の年齢は?

19歳
33歳
37歳

上記の年齢の人が厄年に当たります。
(年齢は数え歳で考えるため、早生まれの人は1学年下の人と同じ年になります。)

※数え年・・・生まれた時点の歳を1歳とし、以後元日がくるごとに歳を加算する。
(満年齢は生まれた時点の歳を0歳とし、以後生まれた日の午前0時に歳を加算。)

 

厄年には前厄と後厄があり、本厄の前年と後ろの1年が
それぞれ前厄・後厄になります。

厄年は、自分自身が災難に合わなくとも、身近な人々に
何らかの災難(近親者の死など)が多発するとも言われています。

特に女性の33歳は大厄と呼ばれており、凶事や災難にあう確率が
他の厄年よりも高いので十分な警戒を要するとされています

 

厄払いの方法と過ごし方について

そんな厄年、どうやって過ごしたら災難に合わずに過ごせるのでしょうか。

それはまず、厄年の年になったら節分までに、
お寺や神社にお参りして厄除け祈願をしてもらいましょう。

そうする事で、大きな災難は小さな災難に、
小さな災難は無難になると言われます。

 

そして、厄年の1年は新しいチャレンジは控えめにして
静かに過ごすとよいとされています。

新居を構えるとか、転職などは厄年を避けて行うといいでしょう。

無事に厄年がおわったら、厄祓いをした神社に
お礼としてお参りに行くのも忘れずに。

 

そうすれば、きっと悪いことは起こらず無事に過ごせるはずです。

それに厄年だからとマイナスな事ばかり考えず、
お祓いに行ってプラス思考で過ごすのがおすすめです!

 

スポンサードリンク