ひな祭りの由来と起源とは!食べ物に込められた意味は?


hinamaturi

女の子が生まれると毎年3月3日に行うようになるのが「ひな祭り」
桃の節句とも言い、女の子の健やかな成長を祈って行う年中行事です。

雛祭りの日までにお雛様を飾って、女の子にとっては特別なイベント。
しかし、ひな祭りの由来や期限などはあまり知られていません。

調べてみると、よりお雛様を楽しく行えるんではないでしょうか。

スポンサードリンク

ひな祭りの由来と起源

ひな祭りの起源はというと、中国は漢の時代、ある男性が3人の女児をもうけました。
しかし、なんとそれぞれ3人とも3日以内に死んでしまいました。

男性は嘆き悲しみ、その様子を見た村人達が
女児達の亡骸を清め水葬してあげました。

これが、川で身を清めて厄をはらう「上巳節(じょうしのせつ)」という行事となり、
それが日本に伝わり、けがれを移した人形を川に流す「流し雛」となりました。

 

江戸時代になり、3月3日が「上巳の節句」「桃の節句」と定められると、
ひな人形が飾られるようになります。

身に振りかかる不幸は人形が身代わりとなって受けてもらい、
おひなさまのように幸せが訪れますようにと願うようになりました。

 

そんな悲しい過去の出来事から、ひな祭りは
女の子が健やかに成長する事」を願い、現代まで続いています。

 

ひな祭り 食べ物の意味

ひな祭りには古くから伝わる伝統的なお祝い料理がありますよね。

代表的なものは、はまぐりのお吸い物や菱餅、ひなあられ等ですが、
それらに込められた意味を見てみましょう。

ちらし寿司

tirasi
●エビ・・・長生き
●れんこん・・・見通しがきく
●豆・・・健康でまめに働ける

といった縁起の良い物が使われています。

 

はまぐりのお吸い物

はまぐりの貝殻は対になっていて、一つの貝でなければ
ぴったりと合わない事から「仲の良い夫婦」を表し、
一生一人の男性と添い遂げるようにという願いが込められています。

 

菱餅(ひしもち)

hisimoti
緑、白、ピンクの3色からなる菱餅の意味は、緑は「健康や長寿」を表し
白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味しています。

また、その他にも説があって、緑は大地を表し、
その上の白は雪、一番上のピンク色は桃を表していて、
『雪がとけ、大地に草が芽生えて桃の花が咲く』
という意味が込められているとも言われています。

なぜ菱形なのかというと、菱形は「心臓」を表し、
親が娘の健康を願う気持ちを込めているそうです。

 

雛あられ

hinaarare
雛あられは、ピンク・緑色・黄色・白の4色があり、
それぞれ四季を表していると言われ、
「1年中娘が幸せでありますように」との願いが込められています。

 

甘酒

amazake
もとは桃の花びらを漬けた「桃花酒」でした。桃は邪気を祓い、
気力や体力の充実をもたらすという事から飲まれるようになりました。

 

 

スポンサードリンク