花粉症の薬はいつから飲めばいい?自分でできる食事対策や予防法は?


kahun

暖かな春が近づくと気分がウキウキします。
ポカポカなお天気の日は外へ出て桜の木の下でお花見でもしたいですね!

ただ、そうも言っていられない人が日本国民の約2割強います。
それが『花粉症』の人。

くしゃみ、鼻水、目のかゆみ等で、おもいっきり春の陽気を楽しむ事が出来ません。

マスクや色々な薬、漢方などを毎年試してみますが、
なかなかいい結果を得られないのが花粉症。

出来る事なら、少しでも花粉症の症状を軽くして春を楽しみたい!
そんな人のために、自分でできる食事対策や予防法を集めてみました。

 

スポンサードリンク

花粉症の症状はどうして?

花粉症とは、杉や檜など植物の花粉が鼻や目に入り、
くしゃみや目のかゆみを引き起こすアレルギー症状です。

くしゃみや目のかゆみ以外にも、花粉によって皮膚の痒くなったり、
体が熱っぽく感じるといった症状もあります。

花粉が目や鼻から体内に入ると、脳が体の中に異物が侵入したと認識し、
花粉を攻撃して体外に放り出そうとする事から、くしゃみで吹き飛ばしたり、
鼻水で外に出そうとしたり、涙で流そうとする事から、そうした症状が出て来ます。

 

花粉症の薬

花粉症で病院へかかると、抗アレルギー薬のアレジオン、
アレグラ、アレロック、ジルテック、ステロイド剤のセレスタミン、
点眼薬はインタールやリボスチン等が処方されます。

アレグラ、ゼスラン、タリオンは1日2回服用。

ジルテック、クラリチンは1日1回の服用ですが、
症状が軽い日でもきちんと服用して毎日きちんと飲み続ける事が大切です。

 

また、花粉症で苦しむ前に予防として抗ヒスタミン剤を早めに服用しておくと、
症状を予防できたり、コントロールする事ができるそうです。

抗ヒスタミン剤とは、花粉症だけでなくアレルギー性疾患に
広く用いられる内服薬で、アレルギー症状を引き起こす
ヒスタミンの働きを抑制して、アレルギー症状を抑えてくれるのです。

これを花粉が飛散する2週間前には服用しておくといいと言われています。

 

自分で出来る花粉対策

①マスク
これは基本ですが、性能の良いものを選びましょう!

②甜茶
抗アレルギー効果があると言われています。
花粉が飛ぶ2~4週間前から飲み始め、毎日欠かさず適量を飲みましょう!

③ミストウォッシュ
シュッとするだけでスッキリします!

④アレルケアL-92を飲む
カルピスから出ている飲料水です。
健康にもよく、お子様にも安心して与えられます。

 

他にも雑貨店などに行けば、花粉症対策グッズが山ほど置いてあります。
その中から一番自分に合うと思うものを見つけるのが一番いいですね!

早速花粉症コーナーへ行ってみましょう!

 

スポンサードリンク