卒業式&入学式の服!気を付けたい母親の服装マナーとは?


110666
子供を持つ母親にとっては、子供よりも「他のママよりも綺麗でいたい」
「恥ずかしくない格好で。」「同じような系統のママ友が見つけられるかな」など、
いろいろな思考が渦巻く入学式。

また子供の晴れ舞台である卒業式で恥ずかしくない格好ではまずいし、
目立ちすぎてもいけない。そんな悩みの多いママ達。

入学式や卒業式での服装やマナーなど、
一般常識として知っておきたい事をまとめました。

式前に確認しておくといいですよ。

スポンサードリンク

入学式・卒業式の服装マナー

子供達は、新しい世界へと飛び立つ入学式や卒業式。

お母さんの服装なんて気にしていませんが、
当のお母さん達はそう言っていられません。

恥ずかしい格好で行けば、他のお母さんから「◯◯ちゃんのお母さんて・・・」
と言われかねませんから、最低限のマナーは覚えておきたいものです。

 

入学式も卒業式も親の服装に決まりはあるわけではありません。

ですが普段着では浮いてしまいますから、
TPOに合わせた服装をしていく事が基本です。

 

入学式の場合

自分の舞台ではありません。これからお付き合いをしていくママ友や、
先生からも好感を得られるような格好であるといいですね!

 

●メイクはナチュラル!

●薄いピンクやアイボリーなど春らしいワンピースを着る人が多い

●アクセサリーを付け過ぎない

●香水がきついのはNG

●素足は厳禁。ストッキングはヌード系でスッキリと。

●バックも服装に合わせて。

 

卒業式の場合

卒業式は入学式と違って落ち着いた色でまとめるといいでしょう。
あまり華やかな色合いにすると周りから浮いてしまうかもしれません。

 

●ネイビー、グレー、黒のシックな色合いのスーツが間違いない

●派手なアクセサリーや髪飾りはNG

●厚手のタイツではなく、ブラックのストッキングもしくはヌード系を。

●網タイツもNG

●バックは服装と同系色でまとめましょう。

 

その他気を付けたいマナー

●式の間は携帯の電源をOFFに。

●小さな子供を連れていかなければならない人は、出口に近い席に座りましょう

●お母さん同士のおしゃべりは後。式をしっかり見てあげましょう

●式中の写真撮影はほどほどに

 

疲れるからとヒールではなく、ぺたんこ靴で行く人もいるかもしれませんが、
やはり上品さにかけますから少しでもヒールのある靴を履くといいですね。

ただし、高すぎたり、厚底、ブーツはやめましょう。

 

また、服装だけでなくメイクやヘアスタイルも派手でなく
清楚を心がけるようにしてコーディネートしましょう。

コテで巻きすぎた髪や、つけまつげやアイライナーで真っ黒の目元では
母親として恥ずかしいので、どちらも清潔感のあるスタイルをするといいでしょう。

 

服装だけでなく一般常識をもって望めば何も怖いことはありません。
子どもの晴れ舞台。一緒に楽しみましょう!

 

スポンサードリンク