AKBイベント会社社長勝訴、文芸春秋に賠償命令「愛人関係真実性ない」


大人気のアイドルグループAKB48のメンバーと運営会社「AKS」の社長の間に不適切な関係があったと報道した文芸春秋を社長側は完全否定し、名誉棄損で文芸春秋側を社長が控訴していた件で、東京地方裁判所は3日、社長に対して136万円の賠償金を支払うように文芸春秋側に命じました。

スポンサードリンク

事の発端は2010年2月18号の文芸春秋の記事です。

文芸春秋側は「元メンバーらを情報源としており、真実」としていましたが、認められたのは社長がAKB48の一部メンバーを優遇していた事実だけで、愛人関係に真実性はないと判断されました。

文芸春秋は「承服できない、控訴する」とコメントしています。

 

スポンサードリンク