藤圭子、娘宇多田ヒカルから暴言。何故、宇多田は母親を見捨てた?歪んだ母娘関係


宇多田ヒカル

お亡くなりになられた藤圭子さんと宇多田ヒカルの母娘関係について、ネット上でその余波は広がり続ける一方です。特に今回の件で思わぬ副産物として明らかになったのは、藤圭子さんと宇多田ヒカルさんの歪んだ親子関係でした。

宇多田ヒカルさんが稼ぎ出したお金は300億円とも500億円とも言われています。

それだけのお金があったのなら、何故、病の藤圭子さんを保護し、専属の医師や看護師をつける事や、マスメディアの目の届かない場所(国内外問わず)に別荘を構える等して移住させ、治療に専念させなかったのでしょうか。

スポンサードリンク

 

ネット上では

「宇多田ヒカルは、どうして藤圭子を見捨てたの?」

と様々な憶測が飛び交っています。

 

そんな母娘関係を引き裂いたのは、宇多田ヒカルさんが我慢の限界にきて藤圭子さんに言ったある一言の暴言だとされています。

それが「出ていって」という一言です。

 

「それくらい」と思われるかもしれませんが、精神を病んでいた事を母娘ともに自覚していたのなら、この一言がどれだけ藤圭子さんにショックを与えた事か想像はたやすいはずです。

その証拠に、以来、藤圭子さんは「娘に嫌われているから家に帰れない」と言っていたそうです。

 

精神の病を抱えたご家族と共に治療に励む事は大変だと思います。

なぜ、宇多田ヒカルさんの様に膨大な財力がありながら、何故、藤圭子さんを思う存分治療に専念させる事が出来なかったのでしょうか。

今となっては、残された宇多田ヒカルさんしか知りようのない事かもしれませんが、もっと藤圭子さんの為に出来た事があったのではという声も周囲からは寄せられているようです。

スポンサードリンク