2020東京オリンピック経済効果は?開催決定で株価が既に上昇傾向に!


36

 

オリンピックをといえば気になるのは経済効果。
2020東京オリンピックの経済効果はどれほどになるのでしょうか。

2020年の東京オリンピックが昨日の早朝に決定し、
新しい一週間がスタートした今日の月曜日は、
土日お休みだった各メディアが一斉に東京オリンピックのニュースを報道しています。

(写真は新国立競技場の改修後のビジョン)

スポンサードリンク

2020年に開催される東京オリンピックの経済効果は、

およそ3兆円と言われています。

本日は東京での開催の決定を受けて、経済状態が良くなるとの見通しから
株の買いが好調で、一時400円高を記録しました。

 

不動産や、建設業界、スポーツ業界のミズノ等を中心に買いが進みました。
終値は、先週末と比較して344円42銭高い1万4205円23銭を記録しました。

東京オリンピック開催で見込まれる新たな雇用は15万2000人
見込んでおり、東京を中心に交通機関のより一層の整備や、
老朽化対策が急ピッチで進むものと思われます。

又、オリンピックグッズの開発や、購入も進むものと期待されています。

経済の波及効果は東京都のみの試算ではなく、
日本全国47都道府県全体での試算となります。

 

スポンサードリンク

 

東京オリンピックが2020年に開催されるとの話題を受けて
「あと7年も先か」という意見や発言がツイッターなどで相次ぎましたが、
それは、待ちきれない楽しさや嬉しさの裏返しと前向きにとっておきます。

 

7年と言う期間は、おそらく振り返ればあっという間でしょう。

その間に、例えば

「1日10分英語を勉強する」
「一日300円の貯金をチケット代として続ける」等、

継続した活動を行っていれば、7年後、きっと新しい何かを掴んで
立ち上がった自分自身を実感出来るはずです。

「おもてなし」を忘れずに、素晴らしい2020年にする為に、
今から一人ひとりの努力が求められています。

 

スポンサードリンク