映画ディパーテッド 結末は?あの封筒は?ネタバレあらすじをまとめ!


s_dhipa

9月25日水曜プレミアムで映画ディパーテッドが放送されていました。結末を見れなかったという人の為に、ネタバレありのあらすじをまとめてみました。

スポンサードリンク

映画ディパーテッドのあらすじ!ラストは?

二人のスパイの死闘を描いた香港映画の名作・インファナルアフェアのリメイク作。

舞台はアメリカの犯罪都市・ボストン。貧しい家柄に生まれ、苦学しながらも警察官を目指す青年・ビリー。そしてボストン一帯を取り仕切るマフィアのボス・コステロに育てられた青年・コリン。二人の若者は自身の数奇な運命を知る由もなく、同じ警察学校に通って優秀な成績を修めていた。

コリン(マット・デイモン)は警察学校卒業後、エリート部隊に配属され、マフィアの殲滅活動に従事することになる。しかしその実態は、警察の動きを全てマフィアにリークするスパイだった。

s_dhipa2

一方ビリー(レオナルド・ディカプリオ)は、自分の身内に犯罪者がいるせいでロクな部署に就けずにいた。そんな彼に命じられた仕事は、コステロ率いるマフィアへの潜入捜査。これは、ビリー、クイーナン警部、ディグナム刑事の三人のみが知るトップシークレットのスパイ活動だった。

 

 

優秀な警察官を装うコリン。荒くれ者を装ってコステロに取り入るビリー。

二人のスパイは命の危険と隣り合わせの日々を続けながら内通者として敵組織の情報を盗み、順調に自らの仕事を全うしていた。しかし、やがて警察・マフィア双方とも自分の身内にスパイが紛れ込んでいることに気付き、裏切り者探しが始まろうとしていた。

次第に窮地に追いやられる二人のスパイ。そして警察とマフィアとの戦いの中で、クイーナン警部がコステロの部下に殺されてしまう。彼の持っていた携帯電話からビリーの存在を知ったコリンは、ビリーと協力してコステロらを殲滅することに成功した。

 

しかしビリーは、コリンこそがマフィアから送り込まれたスパイであることに気づく。ビリーに自分の素性を見破られたコリンは、ビリーが二度と警察に戻れないようにするために、ビリーのデータを警察のコンピュータから抹消してしまう。

s_dhipa1

窮地に追いやられたビリーはコステロとコリンが会話している音声データを武器にコリンを追い詰め、自分のデータを復旧するように迫った。観念したコリンだったが、そこに同僚の警察官が現れ、ビリーを射殺した。マフィアから送り込まれたスパイはコリン一人ではなかったのだ。

 

 

その後、コリンはそのスパイまでも殺害した。もはや自分の素性を知る者はなく、彼は自由の身を手にした。しかし、やがてコリンがマフィアのスパイだと気付いたディグナム刑事は、コリンを自宅で待ち構えて射殺し、復讐を果たす。

こうして二人のスパイの数奇な運命は、二人の死をもって終わりを迎えるのだった。

 

以上。

オリジナルの香港映画「インファナル・アフェア」を見ていても、そうでなくても楽しめる作品だったかなと思います。オリジナルとはちょっと違った感じでしたが、私は両方好きです。

なんといっても主演の2人!ディカプリオもM・デイモンもかっこいい~^^

s_dhipa3

気になったのは、ディカプリオ演じるビリーがヒロインであるマドリンに渡した封筒。

あの封筒の中身はなんだったのでしょう。
これについてはネット上でも疑問の声が多く上がっていました。

ラストの基地のシーンで号泣するマドリンが見つめる先にあったもの、それがビリーの遺影でした。自分の本当の姿である警察の制服を身にまとったビリーの遺影。

きっとこれが封筒の中身だったんじゃないかと思います。

 

次回の水曜プレミアはニコラス・ケイジ主演のノウイングです。
ハリウッド男祭り第2弾!見逃せませんね。

 

>>ノウイングのあらすじとネタバレ記事はこちら!

 

スポンサードリンク