福山雅治 映画 そして父になる ネタバレ 結末|衝撃のラストは?原作は?


s_titi

2013年9月28日に公開となった福山雅治主演映画「そして父になる」。

カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した事でも話題になりましたが、
既にハリウッドでのリメークが決定して話題になっていますね!

気になる映画のあらすじや、ネタばれ、結末、衝撃のラスト
原作はどうなっているのでしょうか?

 

スポンサードリンク

そして父になる あらすじ ネタバレ

福山雅治さんが演じる主人公の野々宮良多は、都内の高級マンションで
妻と息子と暮らしています。

誰から見ても人生の勝ち組でエリート。
誰もがうらやむ人生を歩んできました。

そんなある日、病院からかかってきた1本の電話・・・
6歳になる息子が、出生時に取り違えられた別人の息子だと知らされます。

 

s_titi2妻のみどりや、同じく取り違えを知らされた相手の夫婦は「早く本来あるべき姿に戻した方がいい」と息子を交換します。

相手の斎木夫婦は生活は楽では無いですが、子供を愛情を持って育てる温かい家庭です。

 

s_titi3

主人公の野々宮良多は交換した新しい息子に「野々宮家のルール」を読ませます。

そして新しい息子は聞いてきます。

「前の息子さんではあかんの?これからパパ・ママ呼ばないといけないの?」
「僕にはパパとママいてるのに・・・」を連発。

 

そして主人公の野々宮良多は妻にも告げていない過去がありました。

実は、自分自身も実の母親では無く、義理の母親に育てられたという、
この子供達と似たような過去があったのですね。

 

s_titi4現実問題として、『子供の取り違え問題』は昭和40年には頻繁に勃発していたらしいです。それを現代版にしたのがこの映画とされています。

「血」で選ぶのか「一緒に過ごしてきた時間」で選ぶのか…

子供を「血」の法則に従って交換した双方の家庭では、子供達を中心に様々な葛藤が巻き起こっていきます。

 

 

そして、主人公の野々宮良多は言います
「うまくいかなかったら、2人ともうちでひきとってもいいですよ」と。

揺れ動く二つの家族、二つの夫婦、二人の子供

 

「そして父になる」原作は?

「そして父になる」の原作についてですが、実はこのお話は
監督のオリジナルストーリーで、原作の小説等は存在しません

監督自身の体験を元に書かれています。

是枝裕和監督が仕事で多忙を極め、娘が誕生するも
家にあまり帰れない日々を過ごして、やっと家に帰り
娘との時間を過ごし、外出しようと家を出ようとすると、
娘から「またきてね」と言われて大変衝撃を受けたのだとか。

「自分と娘を繋ぐものもは血なのか時間なのか」
を真剣に考えて書かれたのがこの作品です。

 

映画 衝撃のラストは・・・

まだ御覧になっていない方の為に、
迷いましたが書かない事にしたいと思います。

ただ、涙腺崩壊は必死なので、必ずハンカチをもって
劇場に行かれる事をおススメしたいと思います。

是非、ハンカチを持って劇場へお越しください。

 

スポンサードリンク